プラセンタに含まれる主な成分

主な栄養素

プラセンタの栄養素には身体の形成と成長に必要な栄養素が沢山あります。身体の素となるアミノ酸や、三大栄養素であるたんぱく質・脂質・糖質、さらにビタミン・核酸・ミネラル・酵素と言った生理活性成分など豊富な栄養素が含まれています。
アミノ酸は身体を構成している細胞を作る原料であり、たんぱく質・脂質・糖質は身体を構成する為に必要不可欠な栄養素です。ビタミンやミネラルと言った生理活性成分は、身体の機能を滞りなく正常に維持しています。
遺伝子の修復や新陳代謝に関係する核酸は、老化を抑制する栄養素であり、酵素は病気に対抗するための免疫力をアップしてくれます。
他にも、健康な肌を作ってくれるヒアルロン酸などのムコ多糖体や活性ペプチドなど、多種多様な栄養素が含まれています。
プラセンタと摂取するときに一緒に美容成分なども摂取すると、別々に摂取するよりも体の隅々にまでいきわたり高い効果が表れると言われており、一緒にどのような成分が配合されているかもしっかりとチェックしておきましょう。
最近では高い保水力で美肌成分の代表の1つともなっているヒアルロン酸よりも、更に高い保水力を誇る『プロテオグリカン』と呼ばれる鮭の鼻軟骨から取れる成分が注目されいます。
次々と新しい美容成分が発表されますので、最新の美容情報のチェックをするのもおすすめします。

さまざまなアミノ酸

アミノ酸は身体を構成する細胞の材料となるたんぱく質の原材料です。アミノ酸には様々な種類があり、プラセンタには多くのアミノ酸が含まれています。
代表的なアミノ酸として『バリン』『ロイシン』『イソロイシン』の3つのアミノ酸があります。これらは分岐鎖アミノ酸と呼ばれる物で、身体のたんぱく質を増やしたり、運動を行う際に必要なエネルギー源となる重要な働きを持っています。
そして、肝臓が働くために必要なエネルギーとなる『アラニン』。血管などの機能を正常に維持する『アルギニン』。胃腸や筋肉の機能の維持に必要な『グルタミン』。体内で作る事が出来ない代表的な必須アミノ酸である『リジン』。速効性のエネルギー源となる『アスパラギン酸』『グルタミン酸』。速効性のエネルギー源と共に皮膚を構成するコラーゲンの主要成分である『プロリン』。シミの原因となるメラニンの生成を抑制してくれる『システイン』。酵素の活性部位などを作る際に必要な必須アミノ酸である『スレオニン』があり、同じく必須アミノ酸である『メチオニン』は様々な物質を作り、『ヒスチジン』はヒスタミンを作ります。
その他グルタチオンや血色素成分(ポルフィリン)を作るのに必要な『グリシン』など様々なアミノ酸が、健康な体を形成するためには必要になります。

成長因子とは

成長因子(グロスファクター)はプラセンタをプラセンタたらしめる重要な要素です。肉体を構成している様々な細胞に「増えなさい」と刺激を与えて増殖させる働きを持っています。
老化とは加齢に伴って成長ホルモンの分泌が減少していくことで、細胞の成長(増殖)が衰えていくために起こります。
成長因子と言っても、人間の体内には複数の成長因子が存在していますので、肌に関係する成長因子を一部紹介します。
肌の表面にある細胞の成長(増殖)に関係するのが『上皮成長因子(EGF)ヒトオリゴペプチド-1』です。53個のアミノ酸とたんぱく質(3つの分子内結合で形成されています)で出来ています。肌のくすみやしわ、たるみと言った肌トラブルに対応してくれる成長因子で、健康な肌に導いてくれます。
肌の弾力を保つコラーゲンやヒアルロン酸などを生成するために、真皮の中の繊維芽細胞を活性化して増殖を促してくれる『繊維芽細胞成長因子(FGF)ヒトオリゴペプチド-13』など様々な成長因子があります。
プラセンタには強い作用を持った成長因子が存在していることが分かっています。その為プラセンタから摂取した成長因子が様々な刺激を細胞に与えることで、細胞の増殖や活性化が起こります。

TOPへ戻る

口コミで人気の更年期ケアサプリはこれ! ランキングを見る

プラセンタの基礎知識

更年期の基礎知識

更年対策には

アンチエイジングには

更年ケアサプリランキング