プラセンタの基礎知識

プラセンタとはどんな物なのか

プラセンタとは、哺乳類が子宮で胎児を育てるときのみに作られる「胎盤」と呼ばれる器官の事を言います。 胎盤は、受精した1つの細胞が分裂を繰り返し胎児として生物の形を作り上げ、出産するまで育てるために必要な生命活動の全てを行います。
例えば、人間の場合1つの細胞であった受精卵が分裂を繰り返し、約10ヶ月と言う短期間で60億個の細胞からなる新生児として生まれてきますが、胎児が成長する為に必要な膨大な量の栄養素は全て胎盤を通ってもたらされます。
胎児を出産後に排出される物が後産と呼ばれるプラセンタ(胎盤)で、多種多様な栄養素を豊富に含んでいます。そのため、野生動物などは出産後の体力回復を目的として本能的に胎盤を食べると言われています。
プラセンタ(胎盤)の効用は古くから知られており、古代中国では滋養・強壮効果のある漢方薬「紫河車」として使われていました。また、美容・アンチエイジングとして、クレオパトラやマリー・アントワネットも愛用していたと言われます。
プラセンタには、自己免疫機能の向上・新陳代謝の活発化・肝臓機能の強化・活性酸素の除去・美白効果・細胞の活性化といった様々な効果があると言われており、美肌だけでなくアンチエイジング効果も期待できます。
また、身体をバランスよく整える働きがある事から、更年期における様々な不快な症状(更年期障害)にも効果があると言われています。

TOPへ戻る

口コミで人気の更年期ケアサプリはこれ! ランキングを見る

プラセンタの基礎知識

更年期の基礎知識

更年対策には

アンチエイジングには

更年ケアサプリランキング