更年期に実感度の高いサプリ

辛い更年期障害の症状には、サプリメントが効果的だと言われています。
色々なサプリを調査した結果、本当に更年期対策に実感できると言われているサプリについて解説します。
病院に行くほどではないが、悩んでいる。」「病院で治療を受けることに抵抗がある」という方にも参考にしていただければ幸いです。

更年期の基礎知識

女性特有の体の働きは、卵巣から分泌される女性ホルモン、とくに卵胞ホルモン(エストロゲン)によって支配されています。更年期に関する様々な悩みは、このエストロゲンの分泌が、40歳前後から急激に減少することによって起こります。エストロゲンの分泌をコントロールする脳の視床下部が、いくら分泌の指示を出しても、衰えた卵巣からエストロゲンが分泌されず、脳が混乱を起こします。視床下部は自律神経もつかさどっている為、混乱が自律神経にも伝わるという仕組みになっているのです。

日本人の閉経の正常範囲は45歳~56歳と言われており、平均すると51歳です。40歳頃から身体の不調を訴える方が増えはじめるのは、エストロゲンが減少してくるためです。40歳~50代中盤までの約15年間、様々な不調に見舞われます。ただし、過去に過度なダイエットをした経験がある場合、30代からでも更年期に悩まされるケースもあります。

更年期のいろいろな症状

更年期に起こる障害には、いろいろな症状があり、その悩みの程度は、個人によって大きく異なります。また、複数の自覚症状が生じるのが一般的と言われています。「エストロゲンの分泌が減っただけなのに、こんな症状まで出るなんて。。。」と、はじめのうちは、驚かれることが多いようです。動悸が激しくなったり、急に物覚えが悪くなったり、いっけんホルモンとは関係が無いような症状も起こります。

主には、のぼせ、ほてり、冷え症、発汗異常、動悸、めまい、うつ状態、イライラ感、不眠、頭痛、手足のしびれ、蟻走感(ぎそうかん)、関節痛、むくみといった症状が表れはじめます。
たまに、激しい動悸に襲われ、生命の危機まで感じる場合もあります。「まさか、更年期でそんなことが起こるなんて、信じられない。」という感想をよく耳にします。
こういう時に、慌ててMRIを撮っても、原因が特定されることは稀です。
こういった症状は、エストロゲンの不足によって視床下部が刺激され、自律神経が失調してしまうことで引き起こされている場合がほとんどです。

更年期治療に関するリスク

近年になって、更年期障害の治療のひとつとして、エストロゲンの投与が行われるようになってきました。これはホルモン補充療法と呼ばれています。
しかし、この治療方法には、リスクがあることはあまり知られていません。

閉経後女性にエストロゲンを単独で投与したケース、子宮内膜ガンの発生率が約2倍になったという報告があります。
また、エストロゲン投与の期間が長くなると、乳ガンの危険性が高まります。そのため、医療機関からエストロゲンの投与を行っている間は、子宮内膜細胞診と乳ガン検診を定期的に受けるよう指導されることがあります。

医療機関では、こういったホルモン補充療法は「安全」「低リスク」と謳われています。
ですが、現実的には、まだまだリスクがあるようです。

サプリなら、リスクが極めて低い

では、リスクを避けるためには、更年期の悩みににひたすら耐え、付き合っていくしかないのでしょうか?
実は、更年期の改善には、自律神経系・内分泌系のバランスを整えてくれるサプリメントが大変効果的であると言われています。

医薬品ではないため、すべての方にまったく同じように実感できるとは断言できませんが、実際に改善された報告は多く、サプリを取り入れている医療機関もあります。
例えば、過去に乳がん経験があったり、肝障害があったりするケースは、ホルモン補充療法が行えません。その場合は、医療機関でもサプリの処方をしたりしています。

サプリには、医薬品にはないメリットがあります。

  1. 1.副作用がない
  2. 2.処方箋がなくても手に入る

特に、忙しい女性にとって、わざわざ通院せずと摂取できるサプリは、ありがたい存在です。

更年期対策に最適なサプリとは?

更年期対策で評価が高いサプリメントは『プラセンタ』や『漢方系』です。

プラセンタは日本語に訳すと「胎盤」です。
漢方では、プラセンタは「紫河車(しかしゃ)」と呼ばれ、古来より肝、腎に 働き、精を補い、血を養い、気を増すとされています。
漢方系のサプリとしては、高麗人参や田七人参を使ったものや、マカなど数種類の生薬を配合したものがあります。

プラセンタのサプリは、馬や豚の「胎盤」を使ったものが主流です。胎盤から有効成分だけを抽出して粉状にしたものをカプセルに詰めています。

どちらも更年期で異常をきたした自律神経系・内分泌系を整える作用があるとされます。体質によっては、短期間でも症状が緩和しているのを実感できたり、いつの間にか悩んでいたことすら忘れてしまった。なんてことも起こるようです。

更年期対策に、実感できるサプリをご紹介

当サイトの編集部で、たくさんのサプリを実際に試してみた結果、きちんと実感を得ることができた実力派サプリをご紹介します。

事情があって医薬品が飲めない方、医薬品に頼らずに自然に更年期の症状を改善したい方には、非常に有効です。サプリの魅力は、副作用を気にせずに、毎日摂取できることです。

更年期サプリについての基礎知識

選び方

更年期対策サプリは、驚くほど多くの種類が販売されています。
誰もが一度は名前を聞いたことがあるような大手企業のものから、健康食品に特化した中小企業のもの等、様々なサプリが販売されています。
更年期対策のサプリは、その特徴から、4つに分類できます。

  1. 1.プラセンタ
  2. 2.女性ホルモンの直接摂取
  3. 3.漢方系
  4. 4.エクオール

それでは、詳細を解説していきます。

画像

1.プラセンタ

更年期の症状があらわれる原因は、エストロゲンの減少です。
このエストロゲンを作る器官に働きかけ、サポートするのが「プラセンタ」です。
プラセンタによってエストロゲンを作る力が、元に戻れば、効果は長く持続します。
プラセンタ製剤の「メルスモン」は、更年期障害に対する保険適用の薬剤です。

画像

2.女性ホルモンの直接摂取

体内で女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする『エストロゲン様物質』。これを直接摂取する方法もあります。
それが「イソフラボン」です。
後述する「エクオール」の部分で詳細をお伝えしますが、実は「イソフラボン」は50%の確率で機能しません。

「プエラリア」は、イソフラボンの1000倍の力を持っていますが、この「プエラリア」によってエストロゲン様物質を直接摂取する場合には注意が必要です。体内のホルモンバランスを完全に乱してしまう可能性があるからです。
プエラリアは作用が強力なため、生理前後は飲まないようにコントロールする必要があります。エストロゲンの分泌が減る時期にエストロゲン様物質を大量に摂取すると、身体が混乱しホルモンバランスが崩れてしまいます。

画像

3.漢方系

ホルモンの調整をする作用があるのが漢方系の「マカ」「田七人参」「高麗人参」です。
これらは、男性の精力剤的なイメージがありますが、女性にとっても精力剤的な効果があります。
すなわち卵巣の活動をサポートし、エストロゲンの分泌を促すのです。更年期のお悩みの改善には、有効であると報告されています。

※マカに関する注意
マカ配合の更年期対策の商品には注意が必要です。
マカは安価な原料であるはずですが、高額な値段で販売されているサプリが非常に多いからです。有機栽培の最高品質のマカでも、1㎏あたり3,000円程度が一般的な相場ですが、そのマカを20gも含有していないサプリが、2,980円で販売されているケースが横行しています。

画像

4.エクオール

最近、更年期対策サプリで、種類が増えてきているのが「エクオール」です。
大手の大塚製薬などもエクオールの健康食品を販売しています。
実は、「エクオール」とは、イソフラボンが腸内細菌によってエストロゲン様物質に変化したものです。

実は、「イソフラボン」をいくら摂取しても、腸内でエクオールに変化しなければ、女性ホルモンの作用は無いに等しいのですが、このエクオールを作る力は、日本人の50%にしかありません。つまり、日本人の二人に一人は、「イソフラボン」を摂取しても効果がないのです。

だから、イソフラボンの代わりに「エクオール」を直接摂取できるサプリが増えているのです。
「エクオール」であれば、誰にでもエストロゲン様作用が望めるためです。
ただし、エクオールの強さ(活性)はエストロゲンの1000分の1程度と弱いので、即効性を望めるものではありません。

以上のことから、
「プラセンタ」「田七人参」「高麗人参」「エクオール」は、更年期対策のサプリとして優秀です。
しかし、以下のようなデメリットもあります。

  • ・「プエラリア」は強い効果がある反面、扱いが難しい。
  • ・「イソフラボン」は50%に人にしか効果が見込めない。
  • ・「マカ」は原価に見合った値段設定がされていない。

当サイトの編集部で、実際に摂取し試した結果、
プラセンタが一番、効果を実感できました。即効性もあるような印象です。

TOPへ戻る

口コミで人気の更年期ケアサプリはこれ! ランキングを見る

プラセンタの基礎知識

更年期の基礎知識

更年対策には

アンチエイジングには

更年ケアサプリランキング