更年期障害セルフチェック!

画像

簡単!更年期症状・障害セルフチェック

閉経時に起こる更年期は誰もが経験するものですが、人によっては日常生活に支障が出るほどの症状に悩まされることもあります。
更年期が心配になる年齢になって、身体の不調が起こり始めたら、もしかすると更年期が原因で起こっているのかもしれません。
更年期によるものかどうなのか、簡単にチェックできますので、自分で調べて見られては如何ですか?

更年期障害セルフチェック表
  • ☐ 最近、頭痛やめまいが良く起こる
  • ☐ すぐにイライラしたり、気分が落ち込んだりする
  • ☐ 記憶力や判断力が悪くなったように感じる
  • ☐ 耳鳴りに悩まされる事がある
  • ☐ のぼせやすく、汗をかきやすくなった
  • ☐ 肌が乾燥したり、痒くなったり
  • ☐ 時々腹痛や吐き気がする
  • ☐ ちょっとしたことで動悸や息切れがする
  • ☐ 肩こりや腰痛に悩まされている
  • ☐ 関節に痛みやしびれに悩まされている
  • ☐ ちょっとしたことで疲れてしまう
  • ☐ よく眠れない
  • ☐ 手足が冷たい
  • ☐ トイレ(おしっこ)の回数が増えた。
    または、排尿痛や失禁がある
  • ☐ 便秘や下痢気に悩まされている
  • ☐ 性交時に痛みがある

チェックはいくつつきましたか?

0~3個の人 レベル1 体を冷やさない、ストレスを溜めない等気をつけましょう
4~6個の人 レベル2 毎日の食事や、十分な睡眠を摂り、サプリメントや薬などで補うと良いでしょう。
7~8個の人 レベル3 治療が必要な場合もありますので一度医師の診断を受けるようにしましょう。
9個以上の人 レベル4 更年期症状以外の病気の可能性が考えられます。無理をせず医師の診断を受けるようにしましょう。

如何でしたか?

更年期は誰にでも訪れますが、症状の種類や程度には個人差があります。ごく軽い症状で日常生活に支障がなければ、特に治療の必要などはありませんが、症状の種類や程度によっては服薬などの治療が必要になりますので、専門の婦人科で診てもらう事をお勧めします。
また、食生活を始めとする生活習慣も、更年期障害に関係しますので、食事や睡眠などの生活習慣の見直しとともに、不足しがちな栄養素の補給にサプリを取り入れるなどする事で、更年期による不快な症状の緩和の助けとなります。

誰にでも訪れる更年期。自分なりに受け入れる方法を見つけましょう

更年期は閉経期にホルモンバランスが崩れることで起こります。ですので、閉経を迎える40代後半~50代前半に更年期を迎える人が多いです。 ですが、仕事などのストレスや睡眠時間の慢性的な不足、バランスの悪い食生活や極度なダイエットなどと言った、様々まな理由から20代で更年期症状が出る「若年性更年期」もありますので、まだ、若いから大丈夫と安易に考えないようにしてください、 さて、更年期は誰もが経験することで、殆どの方が何かしらの不調を感じます。症状の出方は人それぞれですが、特に日常生活に支障のない場合は、そのまま何もしないという方とても多いです。

ですが、多かれ少なかれた不調がある状態のままでは、ストレスになりますし、快適な生活を送ることは出来ません。 深刻な症状が無くても、一定の年齢になり体調の不調を感じるならば、「更年期」を積極的に受け入れて、症状の解消や改善の方法を自分なりに見付けることが、快適な生活を送る上で必要になってきます。

TOPへ戻る

口コミで人気の更年期ケアサプリはこれ! ランキングを見る

プラセンタの基礎知識

更年期の基礎知識

更年対策には

アンチエイジングには

更年ケアサプリランキング