更年期ケアのために積極的に摂り入れたい3大要素

画像

プラセンタ

メルスモンは感染症などの心配がない健康な人間の胎盤を使用して作られたプラセンタです。また、製造時にホルモンなどの不必要なものは全て取り除かれます。プラセンタは、更年期における色々な症状全てを和らげることが期待できるとされています。プラセンタには、生命を育てる為に必要な栄養素が全て含まれている為に、その栄養素が身体を構成する材料になったり、体内のバランサーとなり、更年期により不安定になっている体調を整えてくれます。

また、プラセンタには、細胞を刺激して成長を促す「成長因子」と呼ばれる物質が含まれています。この成長因子が様々な細胞に働きかけることで、細胞レベルから身体の調子を整えることが出来るのです。

大豆イソフラボン

エストロゲンと大豆製品に含まれているイソフラボンは同じような働きをすると言われています。その為、更年期で起こる不調の要因と言われるエストロゲンの不足をイソフラボンで補う事で、不快な症状を和らげる効果があると考えられています。確かに、一定量(1日40mg)を一定期間(4週間)閉経後の女性に摂取して貰った結果、のぼせなどの更年期の症状が緩和されたとするものもありますが、まだ更年期障害に対しての効果については明確な根拠はありません。

とはいえ、大豆はカルシウムを摂取するうえで大切な供給源ですので、骨粗しょう症の予防などの意味からも積極的に摂りたい食材と言えます。しかし、体に良いからと言ってイソフラボンを大量に摂ると、乳がんなどに罹る可能性が高くなってしまいます。ですので、1日の摂取量はに70~75mgを限度にしてください。サプリとして摂取する場合は、1日30mgを上限としてください。

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは「自然の総合栄養食」と呼ばれるほど、豊富な栄養素が入っています。実はローヤルゼリーにしか含まれていない、希少な「デセン酸」という物質があります。更年期で起こる不調の原因としてエストロゲンの量が減ってしまうことが挙げられますが、、このエストロゲンと似た働きをデセン酸はしてくれます。つまり、減少してしまったエストロゲンの代わりをデセン酸がしてくれるという訳です。また、ローヤルゼリーには「アセチルコリン」と呼ばれる物質がふくまれています。

このアセチルコリンには自律神経が正常に働くようにする力があり、脳が活発に動くようにする力もあります。つまり、心身ともに若返る効果が期待できるという訳です。デセン酸、アセルチコリン以外にも、アミノ酸やビタミン、ミネラルも豊富に含まれていることからも、ローヤルゼリーは栄養価の高い更年期に起こる体調の不調に効果があると言われているのです。

TOPへ戻る

口コミで人気の更年期ケアサプリはこれ! ランキングを見る

プラセンタの基礎知識

更年期の基礎知識

更年対策には

アンチエイジングには

更年ケアサプリランキング